--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.07

症状(8)

あ~前の姿、写真に撮っておけばよかった。。。
・・・と後悔するので悪化中に写真を撮っておくことをおすすめしますOK


下半身も本当に酷かったです。
足の甲、すね、もも、ひざ裏、太もも内側までダーッと
全体的にジュクジュクからガサガサ、カピカピ、カサカサを体験済みです。
それが今ではすっかりきれいになりました
あー辛かった。

ashi1
左足

ひざの裏も傷だらけで真っ赤っかだったんですが
色素沈着が残っているものの傷ひとつない肌になりました。

ahi2
こっちは右足

ご存知のとおり保湿はしていません。
厳密に言えば洋服が保湿してくれていました。
おかげで今はスベスベです。

特に悪化しやすいひざの裏は汗をかいても
悪化したり汗疹が出たりすることがなくなりましたので
ものすごく楽チンです絵文字名を入力してください


自分の脚を見るといつも思い出すのですが
幼稚園~小学生の頃はひざの周辺がものすごいことになっていて
友達の家へ遊びに行った時に猛烈な痒みに耐えられず
スカートでこすりながらガリガリ掻いてしまったことがあるんです。
自宅に帰る頃にはスカートが殺人事件のようなことになっていました(笑)
白地に薄い水色の花柄のかわいらしいスカートだったもので
ギャップが激しく映えるわ目立つわで。

それで、これは母親に怒られると思い
見つからないように股の間にスカートをはさみながら
変な歩き方で帰宅したのですが(笑)そこはやっぱり子供ですよね。
すぐさま母に見つかり、案の定、こっぴどく怒られました。
子供ながらに冷静に状況を見ていた私。
うちのお母さんはなんで怒るんだろうと最初に思った事件です。

今となってはちょっと笑える遠い思い出ですが
当時はとにかく悲しかった。。。

banner_12_20090926183316.gifにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

Posted at 23:46 | お肌の状態 | COM(11) | TB(1) |
2010.07.03

「何もしない」というスキンケア

私は一般に刺激が少ないと言われている
白色ワセリンやプラスチベース、バター、オイルなどが肌に合いません。

これらは全て油で肌に最も必要な水分を保持してくれるので
合えば治癒のスピードが増すはずなのですが
なんというか、逆に肌が萎えて頼りなくなってしまいます。
使うタイミングや量も考えて使ってはいるのですが全然ダメです。
おそらく接触性皮膚炎を起こすのだと思います。

なので、肌につける物の安全性を重視するのであれば
「何もしない」ケアを選択するしかありません。

この「何もしない」ケアは、冬より夏の方がストレスが少なく実践しやすいです。
皮脂の出具合も良くなり肌も適度に湿った状態を保つことができるので
アトピーは夏の方が治りやすいと言われる理由が分かります。

でも、街に出ればどこもかしこもエアコンで冷え切った乾燥地帯。。。
肌の水分は蒸発し放題です。
そこでできる限り肌を傷めないように。

星「何もしない」ケアをする時に特に気をつけたいこと
 ・洗い過ぎない
 ・熱いお湯を使わない
 ・石鹸や洗剤を使わない
 ・触り過ぎない
 ・汗をかいたら水で流す
 ・水分をよく拭き取る
 ・乾燥地帯へ行かない

これらを守り続けると皮脂膜が壊れず
水分の蒸発を防ぐことができるので
ひっかいても破けないくらい肌がしっかりしてきます。
しかし特に最後の条件、現実は厳しいです。
結局、完全に乾燥などは免れることはできませんので
「何もしない」のが安全かと言うとそうではないかもしれません。

最近では絶えられないときにはワセリン替わりに
こちらに助けてもらっています天使
 ↓


でもやっぱり「何もしない」方が治りは早いと感じます。
乾燥している土地で生活していると
肌が慣れてくるという話を聞いたことがありますが
体は環境に順応するための自己防御が働いて
自然と回復力(順応力)が増すようにできているんでしょうね。
つまり与えすぎると治癒力(回復力、順応力)が衰えるということ。
私の肌は過保護にならないのが一番いいようです。

banner_12_20090926183316.gifにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
2010.07.03

石鹸を使用する時のポイント

現在使用している石鹸はこちらの純石鹸です。
相変わらず使ったり使わなかったりで
使用頻度は夏は週に3~4日冬は週に1~2日でしょうか。
もう少し少ないかもしれません。
使いすぎるとあっという間に肌がガシガシになるので、ほとんど脱石鹸状態です。

ところで、以前バスリリーを使用していた時に気が付いたのですが
泡立てネットを使うと驚くくらい石鹸の減りが早いです。
石鹸を削りながら泡立てるので当然のことなのですが。

それで、バスリリーで石鹸を泡立てて使用した後は痒みが発生する
と前にこちらでお伝えしましたが
これは水量に対して石鹸濃度が高くなることが
理由のひとつとして挙げられるんじゃないかと思い、ある実験をしてみました。

すると、石鹸を泡立てる時に水の量を増やすことで
石鹸使用後の痒みをある程度回避できることが分かりましたキラキラ

石鹸濃度が高くなるとそれだけ脱脂力が増したりだとか
水に溶けない石鹸カスが残留してしまったりだとかで
肌が刺激を受けやすい状況になるんでしょうね。

緩めの泡を作る のが私には調度いいです。
そのあとはこちらでお伝えした通り。
素手で泡立てる→泡を肌の上にのせる→すぐに洗い流す

今ではそのような使い方で石鹸による肌トラブルはほとんど起こりません。
どうやら私の石鹸使用時のポイントは 肌に触れる時間 と 水の量 のようです。

アトピーに追われていた頃はそんなこと気にもせず
ただ洗えばいいと思っていましたから
バスリリーで泡立てた泡まではいかないけど
そこそこ濃い泡で洗浄していました。
よく考えたら洗濯する時に洗剤を入れすぎるのと同じですよね・・・

ただ、薄めたらいいというわけではないようです。
石鹸などの洗浄剤には、臨界ミセル濃度と言って
洗浄力が発揮される濃度があるそうなので
あまり薄めすぎると石鹸を使う意味がなくなってしまいます。
適度が一番ということですね。

星目的
 ・痒み回避
 ・変性作用による影響を最小限に留める
 ・皮脂(善玉菌のエサ)を落としすぎない

実験は以下の3段階で行ってみました。
矢印右は使用後の肌反応の結果です。

1)硬めのモコモコ泡(バスリリーで泡立てた泡で洗浄)→非常に痒い
2)中くらいの硬さの泡(素手で少ない水で薄め泡立てた泡で洗浄)→少し痒い
3)緩めの泡(素手で多めの水で薄め泡立てた泡で洗浄)→ほとんど痒みは起こらない

勇気のある方、よかったら片腕だけで試してみてください。

banner_12_20090926183316.gifにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
2010.06.26

最新アトピー講座(アトピーアソシエイションジャパン代表 明石郁生さん)

今日はお知らせです電球

アダルトチルドレンや依存症、トラウマを対象とした治療をされている
精神科医 斎藤学先生(家族機能研究所代表)による
総合的なメンタルケアを行っていらっしゃる株式会社IFF様より
あのドクターマセソンのアトピー渡米治療の帰国後のサポートをされている
アトピーアソシエイションジャパン 代表 明石郁生さんの
「最新アトピー講座」開催のお知らせをいただきました。
ご興味のある方、参加ご希望の方
詳細やお申し込みについては こちらのサイト をご覧ください。
株式会社IFF様、貴重な情報をありがとうございます。

プログラムの内容を以下に引用しますので参考にしてください。
************************************************
・日本型アトピー性皮膚炎ってどんな病気?
 皮膚、免疫システムなど身体症状の悪化が長期に渡り
 患者と家族に甚大な支障を与えている。
 身体症状、心理的ダメージ、社会的ダメージの
 3つが複合している病いであることを解説します。

・アトピー性皮膚炎患者と家族の苦闘
 バクテリア感染による炎症、空気のアレルギーによる炎症、
 接触性アレルギーによる炎症、ヘルペスウイルスによる炎症など
 アトピー性皮膚炎の原因を解説します。

・高度なアトピー治療、アレルギー治療とは?
 難治化している要因をひもとき、原因を治療していく、
 消去法ショートバーストとアレルギー免疫療法の
 メカニズムについて解説します。

・アトピーの原因と原因別セルフケア
 バクテリアによる炎症(典型的アトピー)
 空気のアレルギーによる炎症
 接触性アレルギーによる炎症
 ヘルペスウイルスによる炎症
 女性特有の湿疹、感染症、急なストレスによる痒みなど
 悪化させる原因とそれぞれに適切なセルフケアを提示し
 “炎症は科学変化”であることを解説します。

・ADonAC (アトピー性皮膚炎によるアダルトチルドレン)
 幼少より長期間、日本型アトピー性皮膚炎によって
 スキップせざるを得なかった多くの体験が
 心理的社会的に生きづらさを伴っています。
 それらについて解説します。

・AD患者のアイデンティティの変容
 日本型アトピー性皮膚炎が問題で、あなたは問題ではない。
 問題のやりくちを知ることで、問題に適切に対処できるようになる。
 それらの技術は、あなたを地域社会で“アトピー回復の専門家”
 として輝かせることになります。
 ディスカッションやロールプレイを取り入れたワークを行います。

************************************************

ご存知の方も多いと思いますが
ドクターマセソンのアトピー治療は
アトピー患者に多く生息している黄色ブドウ球菌を退治しながら
皮膚治療を施してカユミを止めるという西洋医療による治療です。

明石郁生さんは、ご自身がこの治療によってアトピーをキラキラ完治キラキラされております。
また、ご自身の経験を生かして生きづらさを感じている方たちを
サポートされている臨床心理カウンセラーでもあります。
本も出版していらっしゃいます。

1%の奇跡
~アトピーから生き返った私の25年間
(明石郁生)



実は、菌と心の問題をターゲットとしている私にとっては
ドクターマセソンと明石郁生さんのサポートは
西洋医療において最も適切な治療法だと捉えており
経済的&時間的に余裕があったら渡米治療を
受けてみたいと思っていたのですが結局手が届かず
アトピーアソシエイションジャパンのサイト
ドクターマセソンの治療を経験されたアトピーの方たちのブログなどを
脱ステ後に皮膚コントロールを行うための参考にさせていただいてきました。

私のようにドクターマセソンの治療を試してみたいけど
費用もかかるし時間もかかるし遠くて踏ん切りがつかないという方は
いっぱいいらっしゃるんじゃないでしょうか。
そういう方は時間があればぜひこちらの講座への参加をおすすめします。
講座ではドクターマセソンの治療は受けることはできませんが
明石郁生さんのお話を聞くだけでも大きな収穫があると思います。

またドクターマセソンの治療の経験がある方やご賛同いただける方は
講座開催について周知お声掛けいただければと思います。
一人でも多くの方がアトピーの苦しみから開放されますように。
明石郁生さんのご活躍により日本国内においても
ドクターマセソンと同じ治療を受けられる日が
いつか必ず来ると信じています絵文字名を入力してください

banner_12_20090926183316.gifにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
2010.06.20

洗濯ボール エコロンG

洗濯洗剤。
肌への負担が少ないものを追求していると
自然にエコなものにたどり着きます。

最近、こういうものを使い始めました。
ecorong
干してるとこ。

???ですよね
これです。

洗濯ボール エコロンG

自然塩もしくはいつもの半分の量の洗濯洗剤を一緒に入れるだけでいいんです。
柔らかく仕上げたい場合はお酢を投入。
お肌にも環境にもお財布にも優しい、楽チン、洗い上がりよし+α♪
個人的には全く問題なしですOK

banner_12_20090926183316.gifにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。