--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.03

「何もしない」というスキンケア

私は一般に刺激が少ないと言われている
白色ワセリンやプラスチベース、バター、オイルなどが肌に合いません。

これらは全て油で肌に最も必要な水分を保持してくれるので
合えば治癒のスピードが増すはずなのですが
なんというか、逆に肌が萎えて頼りなくなってしまいます。
使うタイミングや量も考えて使ってはいるのですが全然ダメです。
おそらく接触性皮膚炎を起こすのだと思います。

なので、肌につける物の安全性を重視するのであれば
「何もしない」ケアを選択するしかありません。

この「何もしない」ケアは、冬より夏の方がストレスが少なく実践しやすいです。
皮脂の出具合も良くなり肌も適度に湿った状態を保つことができるので
アトピーは夏の方が治りやすいと言われる理由が分かります。

でも、街に出ればどこもかしこもエアコンで冷え切った乾燥地帯。。。
肌の水分は蒸発し放題です。
そこでできる限り肌を傷めないように。

星「何もしない」ケアをする時に特に気をつけたいこと
 ・洗い過ぎない
 ・熱いお湯を使わない
 ・石鹸や洗剤を使わない
 ・触り過ぎない
 ・汗をかいたら水で流す
 ・水分をよく拭き取る
 ・乾燥地帯へ行かない

これらを守り続けると皮脂膜が壊れず
水分の蒸発を防ぐことができるので
ひっかいても破けないくらい肌がしっかりしてきます。
しかし特に最後の条件、現実は厳しいです。
結局、完全に乾燥などは免れることはできませんので
「何もしない」のが安全かと言うとそうではないかもしれません。

最近では絶えられないときにはワセリン替わりに
こちらに助けてもらっています天使
 ↓


でもやっぱり「何もしない」方が治りは早いと感じます。
乾燥している土地で生活していると
肌が慣れてくるという話を聞いたことがありますが
体は環境に順応するための自己防御が働いて
自然と回復力(順応力)が増すようにできているんでしょうね。
つまり与えすぎると治癒力(回復力、順応力)が衰えるということ。
私の肌は過保護にならないのが一番いいようです。

banner_12_20090926183316.gifにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
この記事へのトラックバックURL
http://ymkymkymk.blog19.fc2.com/tb.php/254-a27a7458
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ご存知のとおり、わたしもです。
わたしは成分などよーく確認のうえ、肌につけるものを買ってみると最初はあうような気がするんだけどみるみるうちに荒れてきます。
何もつけないとよけいなかゆみが起こらないからいいですよね!
わたしは最近また生活全般を見直しにかかってます、なかなか先は長そうだ。。。
Posted by ひめ at 2010.07.06 14:38 | 編集
★ひめさん★
あらら、大丈夫ですか
もしかしてシアだめだったんですか?
そうですよね。
最初に合うかも♪とテンション上がっても
あとで落とされるタイプが多いですよね。
今ではそれももうすっかり慣れて初めてのものは
ダメ元で使い始めるようになってます^^;
それにしてもアトピーってしつこいというか・・・
ひめさんのアトピー良くなるようにお祈りしてます!
Posted by ひめさんへ at 2010.07.07 23:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。