--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.26

最新アトピー講座(アトピーアソシエイションジャパン代表 明石郁生さん)

今日はお知らせです電球

アダルトチルドレンや依存症、トラウマを対象とした治療をされている
精神科医 斎藤学先生(家族機能研究所代表)による
総合的なメンタルケアを行っていらっしゃる株式会社IFF様より
あのドクターマセソンのアトピー渡米治療の帰国後のサポートをされている
アトピーアソシエイションジャパン 代表 明石郁生さんの
「最新アトピー講座」開催のお知らせをいただきました。
ご興味のある方、参加ご希望の方
詳細やお申し込みについては こちらのサイト をご覧ください。
株式会社IFF様、貴重な情報をありがとうございます。

プログラムの内容を以下に引用しますので参考にしてください。
************************************************
・日本型アトピー性皮膚炎ってどんな病気?
 皮膚、免疫システムなど身体症状の悪化が長期に渡り
 患者と家族に甚大な支障を与えている。
 身体症状、心理的ダメージ、社会的ダメージの
 3つが複合している病いであることを解説します。

・アトピー性皮膚炎患者と家族の苦闘
 バクテリア感染による炎症、空気のアレルギーによる炎症、
 接触性アレルギーによる炎症、ヘルペスウイルスによる炎症など
 アトピー性皮膚炎の原因を解説します。

・高度なアトピー治療、アレルギー治療とは?
 難治化している要因をひもとき、原因を治療していく、
 消去法ショートバーストとアレルギー免疫療法の
 メカニズムについて解説します。

・アトピーの原因と原因別セルフケア
 バクテリアによる炎症(典型的アトピー)
 空気のアレルギーによる炎症
 接触性アレルギーによる炎症
 ヘルペスウイルスによる炎症
 女性特有の湿疹、感染症、急なストレスによる痒みなど
 悪化させる原因とそれぞれに適切なセルフケアを提示し
 “炎症は科学変化”であることを解説します。

・ADonAC (アトピー性皮膚炎によるアダルトチルドレン)
 幼少より長期間、日本型アトピー性皮膚炎によって
 スキップせざるを得なかった多くの体験が
 心理的社会的に生きづらさを伴っています。
 それらについて解説します。

・AD患者のアイデンティティの変容
 日本型アトピー性皮膚炎が問題で、あなたは問題ではない。
 問題のやりくちを知ることで、問題に適切に対処できるようになる。
 それらの技術は、あなたを地域社会で“アトピー回復の専門家”
 として輝かせることになります。
 ディスカッションやロールプレイを取り入れたワークを行います。

************************************************

ご存知の方も多いと思いますが
ドクターマセソンのアトピー治療は
アトピー患者に多く生息している黄色ブドウ球菌を退治しながら
皮膚治療を施してカユミを止めるという西洋医療による治療です。

明石郁生さんは、ご自身がこの治療によってアトピーをキラキラ完治キラキラされております。
また、ご自身の経験を生かして生きづらさを感じている方たちを
サポートされている臨床心理カウンセラーでもあります。
本も出版していらっしゃいます。

1%の奇跡
~アトピーから生き返った私の25年間
(明石郁生)



実は、菌と心の問題をターゲットとしている私にとっては
ドクターマセソンと明石郁生さんのサポートは
西洋医療において最も適切な治療法だと捉えており
経済的&時間的に余裕があったら渡米治療を
受けてみたいと思っていたのですが結局手が届かず
アトピーアソシエイションジャパンのサイト
ドクターマセソンの治療を経験されたアトピーの方たちのブログなどを
脱ステ後に皮膚コントロールを行うための参考にさせていただいてきました。

私のようにドクターマセソンの治療を試してみたいけど
費用もかかるし時間もかかるし遠くて踏ん切りがつかないという方は
いっぱいいらっしゃるんじゃないでしょうか。
そういう方は時間があればぜひこちらの講座への参加をおすすめします。
講座ではドクターマセソンの治療は受けることはできませんが
明石郁生さんのお話を聞くだけでも大きな収穫があると思います。

またドクターマセソンの治療の経験がある方やご賛同いただける方は
講座開催について周知お声掛けいただければと思います。
一人でも多くの方がアトピーの苦しみから開放されますように。
明石郁生さんのご活躍により日本国内においても
ドクターマセソンと同じ治療を受けられる日が
いつか必ず来ると信じています絵文字名を入力してください

banner_12_20090926183316.gifにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
この記事へのトラックバックURL
http://ymkymkymk.blog19.fc2.com/tb.php/251-0c188ee6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
アトピー治療に関しての知識が深いやえさん、頭がさがります。
わたし、今まで知りませんでした。
Posted by ひめ at 2010.06.28 13:42 | 編集
★ひめさん★
いやいや、単なるオタクです(笑)
いろいろ検索してみてくださいね^^

Posted by ひめさんへ at 2010.06.28 22:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。