--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.22

アトピーとアレルギー・他皮膚疾患は別

私はここ2年程、皮膚の状態がいいので病院へは1度も行っていませんが
どうせステロイドを出されるからという不信感はあるにしても
いつもと違う症状が現れたら、まず皮膚科で診てもらうつもりです。
アトピーとは別の疾患である可能性があり
適切な治療を行うためです。

ただ医師によってはアトピーと他の皮膚疾患を
鑑別してくれない場合がありますので
とりあえずステロイドしか出さない処置とか
あとから不適切と思われる治療を施してしまって
かえって悪化させてしまうということがないように
以下はあらかじめ知っておく必要があると思います。


アトピー性皮膚炎の定義
以下のアトピー素因を持つ人に現れる慢性の湿疹
 1.家族歴・既往歴
   (気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎
    アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患)
 2.IgE抗体を産生し易い素因

除外すべき診断 (合併することはある)
接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、単純性痒疹、疥癬、汗疹
魚鱗癬、皮脂欠乏性湿疹、アトピー性皮膚炎以外の手湿疹
皮膚リンパ腫、乾癬、免疫不全による疾患
膠原病(SLE、皮膚筋炎)、ネザートン症候群


個人的には精神的要因やその他の肉体的要因は
IgE抗体を産生し易い素因に含まれていると考えています。


とびひ、帯状疱疹、単純ヘルペス、水虫などの
ウィルスやカビによる感染症は別。
それぞれの治療に適した薬剤があります。
感染(合併)しないように
日頃から生活習慣のケアが必要だと思います。


アレルギーもアトピーとは別。

食物アレルギーの定義
原因となる食べ物を食べた後に皮膚、呼吸器などに現れる即時型の反応
アナフィラキシーが最も深刻

発症件数の多いアレルギー物質
表示義務: 卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生
任意表示: あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ
       牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ
       豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

同じ即時型の反応ではありますが原因となる物に触れて
触れた部分に蕁麻疹などが現れるのは接触性皮膚炎です。
その場合の原因として考えられる物質は
塵、花粉、黄砂、洗剤、化粧品、金属、動物、植物など。

これらの場合は原因物質を避ければいいだけです。
アトピーのきっかけになる(合併することがある)ので混同しそうですが
原因物質を取り除いて治る症状はアレルギー
原因物質を取り除いても治らない場合は
アトピーもしくはその他の皮膚疾患か
その他の皮膚疾患との合併症と捉えています。
アトピーは奥が深いですね。。。

適切に判断、処置ができる医師に出逢えたらラッキーキラキラY

<参考>
日本皮膚科学会 アトピー性皮膚炎ガイドライン
アレルギー情報センター
厚生労働省ホームページ

banner_12_20090926183316.gifにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
この記事へのトラックバックURL
http://ymkymkymk.blog19.fc2.com/tb.php/238-0f43a4f4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
[とりあえずステロイドしか出さない処置]をする
皮膚科医がほとんどですよね。
これを知っていれば、こんなに遠回りしなかったのに~と
思います。
医者に頼りすぎず、自らも皮膚について少し勉強しておくと
医者を選ぶ時も役に立ちますよね。

私の近所に汗疱と水虫を間違えた皮膚科があるんですよ~。
不信感どころか、先生辞めてって感じでした。

Posted by chiifuu at 2010.04.23 10:44 | 編集
★chiifuuさんへ★
汗疱と水虫を間違えるって素人と同じじゃないですか…!
患者さんお気の毒に。
治療費を返金してほしいですよね。

ステロイドしか出さない皮膚科医って
マニュアルに従っているだけで
色々な意味で勉強不足だと感じます。
ステロイドが必要な時もありますが
それが全てではない場合もあるはずですから。
今は自分で情報を入手できる時代ですから医者もやりにくいでしょうね。
でもそんなことはおかまいなしで自分で勉強はしといた方がいいですよね。
Posted by chiifuuさんへ at 2010.04.23 21:44 | 編集
ぼくの母も水虫じゃないのに、水虫と診断されて、症状がこじれました。やはり、知的な武装は必要ですね。

>これらの場合は原因物質を避ければいいだけです。

でも、ぼくは食べたくて、(正月は、蟹鍋が恒例行事だったので)エビ、蟹アレルギーですが、食べてました。

食べた瞬間首周辺が真っ赤になって、体にダルさが走りました。痒みも強烈でした。

でも、脱ステしていろいろ見直してるうちに、食べても反応しなくなりました。

IGEの捉え方は同感です。

関係ないというお医者さんが結構おられますが、関係ないとまで断定できないと思います。

1時期1万を超えてましたが、ゆるやかですが下がってます。症状も、安定してきてます。

アレルギー検査は高いので、ここ1年ほどしてないので、

内科へ行く機会があれば、検査してもらおうと思います。

風邪ひかない体質になっちゃったので、いつになるやら(笑)
Posted by ポンタク at 2010.04.24 18:58 | 編集
★ポンタクさん★
おー、ポンタクさんも健康体になられて
何か充実している感じが伝わってきます。
それにしても1万ってすごい数値ですね。
私は最近というか最後にアレルギー検査をしたのは7~8年前で
その時は7000くらいでした。
私もまた検査してもらおうかな。
もはや血圧を計るみたいな感覚になっていますが(笑)

今、特にアレルギーの問題がないのは
肉や卵をほとんど食べてないからかもしれません。
海老と蟹はあんまり好きじゃないので
食べなくてもいいっていうのがちょうど良いです。
ちょっと不便なのは蟹づくしの温泉旅行には行けないことなんですが。
私の友人も甲殻類アレルギーなのですが
発作が起こると結構辛いらしいですね。
アレルギー物質は食べても問題がなくなる場合があると聞いたことがあります。
好きなものを食べられるようになるって幸せですよね~^^

水虫って間違えやすいんでしょうかねー。。。
気づいて良かったですね^^;
Posted by ポンタクさんへ at 2010.04.24 22:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。