--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.07

雑誌で作る硬枕

私の睡眠時間は6~8時間です。
人生の4分の1から3分の1が睡眠時間です。
アトピーが気になる時はパイプ枕タオルの即席枕を使用していますが
それだとただ単に寝るだけの時間になってしまうので
頭皮や首周りのアトピーに差し障りがない時は
有意義な時間として過ごすためにできる限り硬枕を利用しています。

星目的
 ・背骨(姿勢)の矯正
 ・アレルギー予防
 ・喘息予防
 ・アンチエイジング(首のシワなど)


市販の硬枕は丸太を二つ割にした形の木製の枕です。
 
山田健康センターでも購入可能。


私の硬枕はこちら

用意するもの
雑誌かカタログ
セロテープ
バスタオル 50×100cm

kouchin1
いらなくなった薄めの厚さの雑誌を1冊。

kouchin2
硬めに丸めてセロテープで固定します。

kouchin3
タオルを巻いて。

kouchin4
市販の半円硬枕の場合は薬指の長さを半径とする大きさが目安ですが
こちらは筒型なのでタオルの部分のへこみ具合を見ながら
薬指の長さよりも少し短めの長さを半径としています。
枕が高い場合は頭の下に1枚タオルを敷くと楽になります。

タオルを巻いても結構硬いので慣れるまで少し時間がかかりましたが
今ではこれを使う夜は歯軋りがないのが嬉しいです。
背骨が矯正されるということは身長が伸びる?
なんてことはないかもしれないけどちょっと期待。

ある整体師さんによると硬枕は
毎日15分、首に当てるだけでも背骨にいいそうです。
毎日15分は人生のどのくらいなのでしょう。
えーっと・・・


<参考>

背骨のゆがみは万病のもと
-やさしい西式健康法
(甲田 光雄)



「寝る」姿勢で万病を治す!
(福田千晶)


banner_12_20090926183316.gifにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
この記事へのトラックバックURL
http://ymkymkymk.blog19.fc2.com/tb.php/212-7b4927dc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。