--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.04

家庭に和みを

明るい気持ちでいると病気は治りやすい
というようなことが書かれてある医学関係の本を時々目にしますが
私自身もそのことはカラダで実感しています。

アトピーが悪化して不安になったり自信がなくなったりすると
姿勢が悪くなり胃が痛くなり肌の調子は
さらに下降という悪循環に陥りますが↓
それ以上落ち込まないようにと
気分転換をしたり過去痒みを忘れたりなどして
気持ちを明るい方へ切り替えると肌の調子は良くなります↑

母親がとても明るい人だったため
娘のアトピーの治りが早かったという事例もあるようです電球

自覚のないところでは
和やかで明るい雰囲気の中で食事をすると
胃腸の消化吸収機能が活性化されて
食べた物が栄養になりやすいそうです。

健全な心があってこそカラダは丈夫になる。
まさしく「病は気から」を感じますね。

気持ちのプラマイは自身の物事の捉え方によるみたいですが
その原点は本人の性格にありますよね。

ずいぶん前のことですが、
性格は最も身近な人に影響されて形成される
というのをこの本から学びました。

「子どもが育つ魔法の言葉」
(著者:ドロシー・ロー・ノルト /レイチャル・ハリス)

以下に「子は親の鏡」より一部抜粋します。

・とげとげした家庭で育つと、子どもは乱暴になる
・不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
・「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもはみじめな気持ちになる
・叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう

・励ましてあげれば、子どもは自信を持つようになる
・誉めてあげれば、子どもは明るい子に育つ
・認めてあげれば、子どもは自分が好きになる
・和気あいあいとした家庭で育てば、
 子どもはこの世の中はいいところだと思えるようになる。


この本は私の心にはチクチクと響き割ハート
同時に希望も与えてくれましたオレンジのきらきら
家庭だけでなく学校や職場での
人間関係においても同じことが言えると思うので
そのための教訓と子育ての知恵としてエゴグラムと共に
これからも心に留めておこうと思います。

やはり負の気持ちは周囲にも自分にも悪影響を及ぼしますね。
「心配は心を配ること。悪い方へ心を配っちゃダメ」
とスピリチュアルな江原さんが言っていたのも思い出し再認識です。

負を与えると相手は負になり、その負を受けて自分も負になり、
負を与えると相手は負になり、その負を受けて自分も負になり、・・・
そうならないようにまずは家庭で和みの環境を作るよう努めています。
そうすると自然に笑いもあふれてきます。
家庭に頼りすぎず自分も周囲に和みを発信すると
負と同じく自分に和みが返ってきたりするんです。

普段、家事や子育てをお母さんに任せっきりなお父さんは
独りで悩んでいるお母さんの声を聞いてあげると良いかもしれませんね。

理想は和みと笑いでもってみんなで気持ちを明るく持つ♪
治癒力アップ大作戦ムキッでした。

ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
いつも応援ありがとうございます!

この記事へのトラックバックURL
http://ymkymkymk.blog19.fc2.com/tb.php/147-038b1b18
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
この本、読んでみたいです~
ついついまだちいさい子どもを叱ってしまったり
してるので。。。
子育てを楽しみたいと思ってるのに、難しいなあ
なんて。
プラスの言葉を発しているとちゃんと脳もこたえて
くれそう!!自分にとってもまわりにとっても^^
Posted by ひめ at 2009.07.06 00:08 | 編集
つい叱ってしまうのは仕方ない時もありますよね。
そういう時は、後のフォローでなんとかなるかも?なんて思ったりします。
こちらの本、実際に子育てで実践されている方の評判は良いみたいですよ☆

私自身も、気は持ち様でプラスにもマイナスにもなることを実感しています。
自分はこうだからと言ってあきらめないで
変わろう!とちょっとずつでも前進していきたいですね^^
Posted by ひめさんへ at 2009.07.06 23:45 | 編集
こんにちは^^
少しご無沙汰でしたが、久々に覘いて見たら
数々のためになる記事が!!亜鉛も乳酸菌もそうですが、
「病は気から」私も本当にそう思います。
極度のマイナス思考の人といると、自分も参ってしまう・・・のは
薄々感じていましたが、やっぱりそうなんですね。
もちろん私も愚痴ったり不平がこぼれたり・・・
ありますが、基本ポジティブ思考で頑張ります!
Posted by Erdbeer at 2009.07.15 05:08 | 編集
お久しぶりです^^*

> 極度のマイナス思考の人といると、自分も参ってしまう・・・
そうなんですよね。
私も否定的な人といるとテンション下がってしまいます^^;
逆に、自分も知らず知らずのうちに
相手にストレスや不快感を与えていることも
あると思うので気をつけようと思いました。
あ、でも私も。
相手が愚痴を共有できる人なら
コミュニケーションの一種と捉えて
思い切り愚痴ってストレス発散してます(笑)
とにかく、何事も前向きが一番ですよね。

亜鉛と乳酸菌、良かったら参考にしてみてくださいね☆
Posted by Erdbeerさんへ at 2009.07.15 23:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。