--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.19

頼りすぎない

ステロイド。
最初、使ったとき感動しませんでした?
私は朝塗って1日過ごし、
夕方に、お~治ってる~っ目て思いました。

それ以降、安心しきっちゃったんです。
ステロイドという救世主オレンジのきらきらが来たと。
痒みがなくなり、乾燥という不快感もなくなり、
炎症も治まり、傷もふさがるこの薬はスゴイと。

アトピーから解放されたという錯覚ですよね。
そこから、当たり前のようにステロイドを塗る日々が続きました。

数十年後、肌を過剰にケアすると
働かなくても充分だと認識して肌が正常に働かなくなる
ということを知りました。
軟膏、ローション、クリーム、オイル等で
やたらと肌を甘やかし過ぎるのは良くないようです。

例えばあぶらとり紙の話はよく聞きますね。
あれは顔のテカテカが気になる時に余分な油分を吸い取るものですが
使いすぎると肌がもっと油出さなくちゃっと認識して
一生懸命油を出しちゃうのでかえって悪循環なんだそうです。

アトピーのケアでは黄色ブドウ球菌やら真菌やらを消毒してますが、
これも頼りすぎると良い菌まで殺菌しすぎちゃうので
気をつけないといけません注意

私はアトピーは、誰かや何かに治してもらうのではなく
自立して自分で治すものだと考えています。
お医者さんや家族は治療の手助けをしてもらう人であり
薬剤、保湿剤、ガーゼローション入浴剤消毒手袋
すべて治療の手助けをしてもらうためのものです。

あるからといって安心しきらないように
お肌と相談しながら使う日、使わない日を決めたり
使用回数を減らすなどしてコントロールしながら使っています。
きっと、ステロイドもそういう使い方をするべきだったんですよね。

そのうちお肌が自分で治さなくちゃっムキッと思う時、
誰かや何かに頼らなくてもいい時が来ますよウィンク

ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
いつも応援ありがとうございます!

この記事へのトラックバックURL
http://ymkymkymk.blog19.fc2.com/tb.php/142-28aea179
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
脱保湿、続けてますv-91
やえさんの記事をよく読んで、踏み切ったといっても過言じゃないです。
脱ステして何年も経つのに治らないでいるのってよく考えるとすごく変なことですよね。
これで完治すると信じています。

やえさんの記事を読んで、気持ちが楽になり、勇気がわく人、たくさんいると思います。
いつもありがとうv-238

Posted by ひめ at 2009.06.20 00:39 | 編集
こちらこそ、ありがとうです^^*
ひめさんのありがとうが励みになります。
ココに書いているのは自分のためでもあるのですが、
少しでも皆様の参考にしていただけてとっても嬉しいです♪

脱保湿、頑張っているようですね。
そう、信じることも大切ですよね。
頑張り過ぎないように気をつけてくださいね~
Posted by ひめさんへ at 2009.06.20 17:42 | 編集
こんにちは!ご訪問ありがとうございます。
ステロイドは効果がすぐにわかるので、ついつい塗ってしまいますが、使い方を間違えると怖い薬ですね。私もだいぶ使用しました。

また、「頼りすぎない事」は大切ですね。体が勘違いしてしまいますから。ワセリンを切る時は、痛くて大変でした。
Posted by めぐみ at 2009.06.23 10:58 | 編集
こちらこそ、ご訪問ありがとうございます^^*

ワセリンも気をつけないといけませんね。
私は痒みが出るので2、3回程しか使ったことがないのですが
もし問題なく使えてたら長期連用してたかもしれません^^;

痒みが出た時はワセリンも使えないのかとガッカリしましたが
反応してくれたカラダに感謝ですよ☆
Posted by めぐみさんへ at 2009.06.23 22:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。