--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.15

色を選ぶ

color

私はこの写真を見ているだけでくつろげちゃいますムフフ
自前の色鉛筆、まだまだたくさんあります。

昔から色にとても興味があって、具材専門店や文房具屋なんかに行くと
色鉛筆や絵の具などの前で何時間でもじーっとしていられます。
眺めているだけで落ち着くのです。
と言ってもお店の人に怪しまれるので長くても2時間、たまに、ねアップロードファイル
なもので、色鉛筆などをよく衝動買いしてます。
それでたまたま以前仕事で必要性を感じたのもあって
色彩の資格を取ったのですが、
その時に初めて色彩心理というものを知りました。
色には心と体の状態を表し、心と体に何らかの影響を与える性質があります。
その性質を利用して心身のバランスを整える療法をカラーセラピーといいます。

例えば、看護師が着用している淡いピンク色の服(白衣)は、
患者の緊張をほぐしリラックスさせる色彩効果を利用しています。
ブルー色の街灯に変えたら犯罪件数が大幅に減少したというのも
ブルーの鎮静効果を狙ったものです。
ブルーは食欲を減退させる色でもあるので、
食器をブルー一色に揃えるだけでダイエット効果が得られます。
面白いですよね。
眼から入った色の情報が脳に刺激を与えて
心と体に影響をもたらすというのはとても不思議な現象です。
しかも色は肌でも感じ取ることができます。
赤い下着が健康に良いとされるのは体温を上げて
血行を促進する赤色を肌が感じ取るからです。
盲目のヘレン・ケラーが色を肌で感じていたという話は有名です。

このように色には心と体に様々な影響をもたらす性質があるので
アトピーの自然治療の助けとしても活用したいところです。
以下は体の不調を和らげる効果のある色

・冷え性、血行不良
 ハート赤(血行促進・新陳代謝を高める・筋肉疲労を緩和)
・PMS、生理痛、緊張、不安
 桜ピンク(女性ホルモン色・母性の色・リラックス効果)
・神経過敏、内臓機能、肌荒れ
 輪切りオレンジオレンジパイナップルパイナップル絵文字名を入力してくださいイエロー(ビタミン色・内臓活性化・美肌効果)
・ストレス、イライラ
 四葉のクローバーグリーン(中和色・バランスを保つ・ストレス緩和)
・興奮、不眠症
 紫ハートバイオレットガクアジサイ(・ー・)ノViolet(白-薄い背景用)バイオレットブルー(リラックス・鎮静効果)
・疲労、無気力
 虹レインボーカラー(身心活性化・元気になる)
・依存症
 十字架( ゚3゚)ノ(明るい背景用)ゴールド(自我の色)

幸せになるカラーセラピー(著者 泉智子)を参考にしました。
color2

もちろん色が病気を治すわけではないので頼りすぎるのは危険です。
かといっていいかげんな気持ちで色と向き合っても意味がないので
前向きな気持ちで楽しむのがいいですね。

洋服の色を変えてみたり、その色の小物を持ち歩いたり、
眼に付くところにその色のものを置いてみたり、絵を描いたり、
その色を連想させるものを使ってみたりなどして色を楽しんでいます。
インテリアなどもあえて色々な色を使っています。

選ぶ色もあれば選ばれる色もあります。
何も考えずに選んだ色が例えばグリーンなら
ストレスを感じているサインかな?と捉えて
緑の多い並木道を歩いてみたり芝生を踏んでみたり。
そう考えると、何十色もある色鉛筆の前にいると落ち着くのは
心身がレインボーカラーを欲している状態なのかもしれません。
ちなみに私の好きな色はオレンジで、意識して選ぶ色はブルー系色です。

色を利用する世界を広げると、人生を変えることもできるかもしれません。
カラーセラピーを心身、環境、建築、医療などに活用すべく
体系化したオーラソーマというカラーケアシステムがありますが
そのオーラソーマで自分探しの旅をしてみるのも面白いです。
オーラソーマ ミニリーディング

ところで就寝1~2時間前はテレビを見たり、パソコンとにらめっこしたり、
読書に没頭したり、ストレッチしたりなどその日によってやることは様々ですが、
不眠症対策のひとつとして毎日これだけは欠かしません。
それは、照明を赤みがかった弱い光に切り替えること。
スタンドライトとアロマキャンドルとアロマライトを
その日の気分によって使い分けています。
眼から入る光が弱く薄暗くなったことによって
メラトニン(睡眠と覚醒の循環を整える物質)が脳内に分泌されるのと
弱い暖色系がリラックス効果をもたらしてくれるダブル効果で
心地好い眠りにつくことができるんです。
部屋の隅の床に近い場所で間接照明にすると効果も大きく
1時間過ぎると頭がぼーっとして心地好い眠りがやってきます。

こうして色が物語るメッセージを読み取って色を活用してみると
案外これ効いてる!っていう色に出会えるんですよ。
色との出会い、侮るなかれ。

ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
この記事へのトラックバックURL
http://ymkymkymk.blog19.fc2.com/tb.php/102-cefd8f11
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
色の力は感じますねー。

症状と色のもつ周波数をぶつける治療法の研究も進んでるし、
色の可能性への期待も高まります。
僕はいままでで試した色で一番良かったのは花でした。
自然はすばらしいですねi-179
Posted by くるくる鉢巻き at 2009.02.16 01:34 | 編集
さすがくるくる鉢巻きさん^^
花は色と自然と生命力のパワーがもらえるので
元気になりますよね。
特にプレゼントされると心が弾んじゃいます*^^*
Posted by くるくる鉢巻きさんへ at 2009.02.17 23:02 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。