--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.18

姿勢を正すコツ

ズバリ

背伸びをする

これだけで~す電球

ポイントは、ももの内側の筋肉と
お尻の筋肉をキュッと引き締めること。
胸を上に引き上げること。

内臓や血管の末端まで栄養を運ばないとね。
1日数回この体勢で歩いてみるといいそうですよキラキラ

星目的
・整骨
・血管や内臓を圧迫させない
・内臓を正常な位置に戻す
・血液や体液の循環を良くする
・喘息予防

banner_12_20090926183316.gifにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

スポンサーサイト
2010.04.16

歌う♪♪♪

私から歌を奪ってしまったら
いつか発狂してしまうかもしれません(笑)
それくらい歌うことが大好きです

先日、無性に歌いたくなり
ついにヒトカラ(独りカラオケ)デビューを果たしました。
そんなことができるくらい肝は据わってなかったはずの私が
一体全体どうしちゃったんだろう・・・と自問しながら受付を済ませていざ出陣。
楽しすぎて2時間も延長しちゃいました

もちろん、大勢で歌いに行くのも大好きなのですが
独りだとジャンルとか順番とか
他の人に気を遣う必要が全くないので
やりたい放題できるのがとってもいいんです。
同じ曲を3回続けて歌っても
歌の途中で強制終了しても
誰からも文句を言われません。
本当に純粋に楽しめますのでヒトカラ、オススメですよグー
ちなみに私はほっといたら
ポップ、バラード、歌謡曲、演歌、アニメ、男女歌手、新旧問わず
歌えるものは何でも歌います。

さて、歌うこととアトピーをどう結びつけたのか???

その日は独りで計4時間歌い続けました。
終わった頃には体が湯たんぽのようにポカポカしており
極寒の時期にも関わらず外に出た瞬間に
冷たい空気がとても心地好く感じられました。

そうです。
歌うと体が温まる んです。
おまけに 気分もスカッと爽快

かつては合唱部に所属し海外遠征に出向いたり
地域の混声合唱団に入団して
大ホールで歌ったりしたこともあります。
社会人になってからはジャズソングを習っていた時期もありました。

本気で歌に取り組んでいらっしゃる方は
歌う時の姿勢と呼吸と発声が
いかに大切かということはご存知だと思います。
それらを治癒に関わる項目に当てはめてみました。

星目的
 ・姿勢 → 骨組みと内臓を整える
 ・呼吸 → 鼻から酸素を取り入れる(複式呼吸)、体を温める、血行促進
 ・発声 → 毒素を吐く、ストレス発散

しかし、人は変わるものですね。
以前の私は人からどう思われているのか
すごく気になっていたので
受付や部屋の中でのドリンク注文時に
店員さんと堂々と接することができたのが
不思議な感覚として残りました。
むしろ「おひとりさまですが何か?」
と言えてしまうんじゃないかと思ったくらいに(笑)
人からどう思われているのかというのが
どうでもよくなったんです。

banner_12_20090926183316.gifにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
2010.03.28

善玉菌を育てる 

「アトピーの人は腸内細菌のバランスが乱れている」
「黄色ブドウ球菌が普通肌に比べて100倍
中等症で10万倍、重症で100万倍も存在している」
「乳酸菌を摂取すると免疫力が高まる」

それらが事実なのかどうか確信を持てていなかった頃は
ビジネスのための単なる誘い文句にしか聞こえませんでしたし
そこに「だから、これを!」と製品らしき物を差し出されても
胡散臭く感じるだけで文句も製品もスルーしていたのですが
人体の不思議をひとつ知った時
製品はともかく謳い文句の方は
自分の中に素直に入ってくるようになりました。


キラキラ人体の不思議キラキラ
人間の体は、口と肛門を境に内外1枚の膜で覆われており
その膜の表面には皮膚上で1兆個、腸内で100兆個もの
善玉菌L・ラクチスや悪玉菌ばいきん、善にも悪にもなる日和見菌アップロードファイル
ウヨウヨと生活しながら身体を守ってくれている。
大事なのはそれら常在菌のバランスで
悪玉菌が全滅してしまうと善玉菌まで死んでしまい死に至る。


私の体は善玉菌よりも悪玉菌の方が多いというバランスの悪さから
免疫力の低下や皮膚の悪化を招いているのか電球
という感じで、以下に辿り着いたのです。


星体内善玉菌を育てる/体内悪玉菌を減らす
  ・毒素を溜めない
  ・常在菌を育てるエサ
  ・早く寝る
  ・ストレスを貯めない
  ・赤ちゃんには質の良い母乳が一番赤ちゃん

星皮膚善玉菌を育てる/皮膚悪玉菌を減らす
  ・皮膚への接触物を減らす
  ・汗腺を鍛える
  ・皮脂を残す
  ・過剰保湿しない
  ・消毒(標識12(危険注意)過剰消毒は善玉菌も死滅する)
  ・早く寝る
  ・ストレスを貯めない
  

アトピーのみならず健康と美容に気を配るには
微生物抜きで考えることはできません。。。


<参考>
肌は腸を写す鏡 All About
秘密の化粧品
1日2食健康法
微生物の世界(Web講義室)
   


banner_12_20090926183316.gifにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
2010.03.20

酵素を働かせるための環境作り

ビタミンとミネラルの摂取
  酵素は栄養素なしでは働かない
  生の果物と野菜を摂ると食物酵素も同時に摂取できる
  添加物、加工品、精製品などで酵素やエネルギーを無駄遣いしない

腸内常在菌を育てる
  酵素は腸内細菌によって生産される
  解毒・排泄が行われないと酵素の無駄遣いになる

体を温める
  体温が36.5℃以下だと酵素は活性化しないそうです



banner_12_20090926183316.gifにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
2010.03.10

新鮮な空気を吸う

空気の綺麗な場所が一番だからと言って
簡単に都会から離れられるものじゃないですよね。

だから、このよどみがちな狭空間の中で
できるだけ質のいい酸素を体内に取り入れる方法。
 ・外出する
 ・歩く
 ・朝のウォーキング
 ・換気する(入浴中も)
 ・喫煙場所に近づかない
 ・車が少ない場所へ出かける

これ、本当に侮れません。
私は喘息が発生したら、自分でできる応急処置として
温かい格好をして外の空気を吸っていました。
そうすると、毎回15分ほどで喘息が治まったんです。
何度も新鮮な空気に助けてもらいました。
もう今では発作が起こるようなことはなくなりましたが。

星目的
 ・新鮮な酸素を体内に入れる
 ・細胞の新陳代謝を活性化させる
 ・免疫力アップ
 ・血液サラサラ

もちろん空気を吸うときは 絶対に鼻呼吸
鼻呼吸がいいのは、ばい菌が体内に進入しにくいからです


<参考>

免疫力を高める生活(西原克成)


banner_12_20090926183316.gifにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

2009.10.24

図書館を利用する

もちろん、サプリメントを摂る前も
supplementrule
サプリのルール ~Q&A方式でわかるサプリのすべて
ビタミン、ミネラル、マクロ栄養素、食物繊維、フィトケミカル、ハーブ
それぞれの栄養素の役割、摂り方、過剰症、薬との併用などについて
Q&A方式で書かれています。

<抜粋>
薬は病気の治療を目的としていますが、
サプリメントは食品と定義されています・・・
過剰に摂取したときは副作用が出ることもあります・・・
日本人の食事摂取基準(2005年度版)

メモメモ
サプリメントはあくまで栄養を補うもの。
健全な食生活をしたうえで不足分を補うことが大切。



私はもともと読書が大っ嫌いでして苦笑い
夏休みの宿題に出される読書感想文も嫌で嫌で
泣きながら課題本を読んで書いていたくらいなのですが笑
アトピーを本気で治そうと決めてから
本を読むことが急激に(必然的に)増えました。

以前は、自分の好きなように生活してきたわけですが
病院に行っても二進も三進もいかず
どうすればいいのか分からなくなった時
一番役に立ったのは、健康、美容、免疫、食などに関する本さとと-開いた本青でした。

様々な本を手に取るようになり
西医学(病院)が全てではないということに
気がついた時は衝撃的でした。
それまでは、病気は病院に行けば
100%医者が治してくれるものだと思っていましたから。
病院へ行くことも大事ですが
それ以前にやるべきことがたくさんあることが分かり
人にきくよりもより確実な情報を参考にする、知識を得るなど
本を読むことがいかに大切か実感しました。
それ以来、本はジャンルを問わず積極的に読むようにしています。
私のブログにやたらと本が出てくるのはそういう理由からなんです。

そういえば、健康や美容に関する本を読むと
筆者によって専門分野や経験、実績などが異なるために
A氏は「水は飲むな」と主張しているけど
B氏は「水を飲め」と主張しているというような”壁”
にぶつかることがよくあります。
その場合はどちらも真摯に受け止めて
自分で実践して納得できた方を続けていくことにしています。
ステロイドを使うか使わないかを選択するのと同じですね電球

とにかく、図書館は本の種類も数も豊富で
しかも無料で手軽に利用できますので
病気を治すため美肌を目指すための
手段の一つとして利用するとグーです。
図書館にない、図書館が利用できない、
そんな時は本屋でザッと流し読みしていますけどね。

最近は、図書館のサイト内で本を検索したり
事前に予約ができたりもするので非常に便利ですね。
Amazon楽天BOOKSなどで探して
目次やクチコミを確認しながら利用すると効率が良いです。
やはり、クチコミを参考にするのとできるだけ出版日の新しい物、
情報の新しい物を借りる、情報を鵜呑みにしないのがポイントでしょうか。
今年も読書の秋でいきますかねぷぷ

banner_12_20090926183316.gifにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
2009.09.16

毒素を溜めないカラダづくり

肝 腎 なこと


解毒をスムーズにするための肝臓と腎臓の機能強化


星肝臓と腎臓の位置、調子を整える
 ・姿勢を正す
 ・ヨガ (ねじりのポーズ弓のポーズなど)

星肝臓と腎臓を温める
 ・腹巻 (カイロ用ポケット付きがオススメハート
 ・手あて温体操 (温める場所はここで確認できます)
 ・運動
 ・半身浴
 ・赤い下着を着る これはやったことないですが・・・

体を冷やすような衣食住生活をしないことが前提です。



気がついた時↓

星ツボ押し
 ・足ツボの図
  肝臓 右足の中央より外側
  腎臓 両足の中央
 ・手のツボ
  肝臓 右手の中央より外側
  腎臓 両手の中央


特に 肝臓 。
肝臓をいたわることによって
痒みとアトピーの軽減につながります。

星体に疲れを感じたら
 ・右半身が下になるように横になる
  (肝臓が活性化されて疲れが和らぎます)

星イライラや怒りなども肝臓の負担になるので
 ・ストレスを発散する
 ・笑う
 ・アロマ芳香浴アロマキャンドル


ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
2009.09.13

毒素を溜めない生活

できる限り

星毒素を入れない
 ・栄養を摂る
 ・よく噛む
 ・腹八分目
 ・食養生
 ・間食を控える
 ・添加物を避ける
 ・化学物質を避ける
 ・薬に頼りすぎない
 ・悪玉菌の進入を防ぐ(虫歯菌、歯周病菌、ウィルスなど)

そして

星毒素を出す
 ・早起き
 ・お茶を飲む
 ・粗食
 ・朝食を食べない
 ・便秘に注意する
 ・汗をかく
 ・呼吸する(吐く)
 ・気分転換  → 心のデトックスうしし


私のアトピーはこれらをやめると確実に悪化します。

カラダの中の毒を出そうとしてアトピーが起こる
という説が真実だとすれば
とてもラッキー♪なことです。

なぜなら、見える部分で、異物が溜まってるよーと
危険信号を発してくれるということだから。

体内に毒を溜め込むと
見えない部分(内臓)が炎症を起こすということです。

素直なカラダなんです泣く


ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
2009.09.07

深い呼吸

呼吸していますか?
と医師に訊かれたことがあります。

jumee☆a  はい。 

としかいいようがない
当たり前なことを尋ねて意味があるんだろうか・・・

はじめはそう思ったのですが
妙な質問をされたことで
自分の呼吸が気になりだし
初めて質問の意図が分かりました電球


呼吸が浅い。


そんなわけで気付いた時は腹式呼吸です。
さらに呼吸つながりでヨガと歌&カラオケを積極的におこなっております。
一時、ボイストレーニングにも励んでいたのですが
お腹からの発声を30分も続けていると
体が熱くなりジワッとが滲みます。

本格的にやりたい方は
正心調息法 なんてのはいかがでしょうか?


jumee☆mark1fポイント
 ・「吐く」 に重点を置く
 ・「吐く」 から始める  吐く→吸う→吐く→吸う→吐く ため息
 ・口から吐いて、鼻から吸う


星メリット
 ・体内に酸素を取り入れる
 ・血行が良くなる
 ・代謝を高める
 ・毒素の排出を促す
 ・免疫力を高める
 ・内臓の調子を整える
 ・感情をコントロールする
 ・自律神経をコントロールする
 ・脳を覚醒させる
 ・不眠を和らげる
 ・姿勢を正す



ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
いつも最後まで読んでくださりありがとうございます!
2009.08.26

自分で確かめる

石鹸は水道水と反応して金属石鹸(石鹸カス)を作り
それが刺激になる人もいるんだとか・・・はてな

中にはそんなのはデマだとか
石鹸カスがつっぱり感を与える膜を張って
肌に良いとか言っている人もいるので
何が本当で何がウソなのかは定かではないですが
確実に言えるのは、私は石鹸を使うと肌が荒れるということ。
だから、私は基本的に石鹸を使わない方針です。

根拠があれば事実として受け止めるけど
曖昧な情報や企業宣伝に
翻弄されないための見極めのひとつとしても
自分の肌で確かめて判断することも大事だな~っと思ふ電球

ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
いつも応援ありがとうございます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。