--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.03

石鹸を使用する時のポイント

現在使用している石鹸はこちらの純石鹸です。
相変わらず使ったり使わなかったりで
使用頻度は夏は週に3~4日冬は週に1~2日でしょうか。
もう少し少ないかもしれません。
使いすぎるとあっという間に肌がガシガシになるので、ほとんど脱石鹸状態です。

ところで、以前バスリリーを使用していた時に気が付いたのですが
泡立てネットを使うと驚くくらい石鹸の減りが早いです。
石鹸を削りながら泡立てるので当然のことなのですが。

それで、バスリリーで石鹸を泡立てて使用した後は痒みが発生する
と前にこちらでお伝えしましたが
これは水量に対して石鹸濃度が高くなることが
理由のひとつとして挙げられるんじゃないかと思い、ある実験をしてみました。

すると、石鹸を泡立てる時に水の量を増やすことで
石鹸使用後の痒みをある程度回避できることが分かりましたキラキラ

石鹸濃度が高くなるとそれだけ脱脂力が増したりだとか
水に溶けない石鹸カスが残留してしまったりだとかで
肌が刺激を受けやすい状況になるんでしょうね。

緩めの泡を作る のが私には調度いいです。
そのあとはこちらでお伝えした通り。
素手で泡立てる→泡を肌の上にのせる→すぐに洗い流す

今ではそのような使い方で石鹸による肌トラブルはほとんど起こりません。
どうやら私の石鹸使用時のポイントは 肌に触れる時間 と 水の量 のようです。

アトピーに追われていた頃はそんなこと気にもせず
ただ洗えばいいと思っていましたから
バスリリーで泡立てた泡まではいかないけど
そこそこ濃い泡で洗浄していました。
よく考えたら洗濯する時に洗剤を入れすぎるのと同じですよね・・・

ただ、薄めたらいいというわけではないようです。
石鹸などの洗浄剤には、臨界ミセル濃度と言って
洗浄力が発揮される濃度があるそうなので
あまり薄めすぎると石鹸を使う意味がなくなってしまいます。
適度が一番ということですね。

星目的
 ・痒み回避
 ・変性作用による影響を最小限に留める
 ・皮脂(善玉菌のエサ)を落としすぎない

実験は以下の3段階で行ってみました。
矢印右は使用後の肌反応の結果です。

1)硬めのモコモコ泡(バスリリーで泡立てた泡で洗浄)→非常に痒い
2)中くらいの硬さの泡(素手で少ない水で薄め泡立てた泡で洗浄)→少し痒い
3)緩めの泡(素手で多めの水で薄め泡立てた泡で洗浄)→ほとんど痒みは起こらない

勇気のある方、よかったら片腕だけで試してみてください。

banner_12_20090926183316.gifにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
スポンサーサイト
2010.01.06

朝は洗顔しすぎない

去年の夏頃から朝の洗顔方法にアレンジを加えました。

梨花ちゃんが言ってたんです。
「朝、洗顔すると乾燥しない?」 って。
だから、彼女は朝は 蒸しタオルを当てるだけ なんだそうです。

そういえば、脱ステ真っ最中の黄汁で顔がテカテカだった頃は
無意識に蒸しタオルしてました。
快適な方法を自然と体が選んでいたんでしょうか。

肌の悩みなんてなさそうな人でも、そうやって対処しているのか電球
と気がついた私は早速、翌朝から実行


1)軽く水洗顔/冷水で絞ったタオルを当てる
2)軽く30℃のぬるま湯で洗い流す
3)軽く35℃のぬるま湯で洗い流す
4)蒸しタオルを当てる



皮脂の出具合によって、上記いづれかの方法で洗顔しています。
皮脂が少ない日は(1)(2)
皮脂が多い場合は(3)(4)
といった具合に。

皮脂を取りすぎる泡洗顔は、私にとってはもはや問題外です。
逆に皮脂を残しすぎると、皮脂が酸化して肌荒れの原因になる模様。
コットンやティッシュで拭き取るのは
摩擦による乾燥を招くそうなのでしていません。

朝は洗顔しないという人は案外たくさんいらっしゃるんですね。
今回教えてくれたのが、たまたま私の大好きな梨花ちゃんだっただけであって
単純なわたくし、これが他の人だったとしても感化されていました。
夜はこれまで通り、ほとんど洗浄剤を使わない30℃35℃洗顔です。


星朝、洗顔しすぎない理由
 ・朝の汚れは夜の汚れとは違う
 ・皮脂(善玉菌のエサ)を残す


確実にプリプリ肌に近づいていますピース


<参考>
   


banner_12_20090926183316.gifにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
2009.08.29

脱シャンプー&リンス

ダメなんです泣く
合界シャンプー、リンス、石鹸シャンプー、ハーブシャンプー・・・
肌に優しいものとかアトピー用とか色々ありますが
頭皮や顔や首がかぶれたり乾燥したり手が荒れてしまったりで。

シャンプージプシーも長いことしていましたが、
肌荒れが落ち着く気配がないのであきらめました。
だから今ではほとんどお湯シャンプー。
雑菌対策として過剰な皮脂を落とすために
時々、小麦粉とかクレイ(ガスール)を使っています。
詳しいことは追々・・・
脱したての頃は髪がモサっとしたので
リンスだけこういうのをお湯で薄めて使ってましたが

そのうちリンスもいらないくらい髪がサラサラになったので
今はこれともサヨナラしてます。

これで脱石鹸もほぼ完璧だし
頭の痒み、フケ、髪の傷み、乾燥、ゴワゴワと
手荒れ、肌荒れの進行がだいぶ治まり
おまけにシャンプー代、リンス代の節約にもなってグーです。

先日、ついに訪れました。
クラッカー脱シャンプー&リンス 1周年絵文字名を入力してください
おめでとう、自分。

いえね、小学生の時に、シャンプー使わなくても大丈夫だよー
と友達が言っていたのが大人になってからも気になっていたので
いつか自分にもシャンリン(シャンプーとリンスね)しない時代が
訪れるんじゃなかろうかとは思っていたんですよ。
挫折することもなくココまで来れて達成感、満腹です。
もう合界シャンプー、石鹸シャンプーは使わないぞー頑張るぞ。おーっ。

しかし意外に脱シャンしてる人、結構いてるんですね。
脱シャンすると頭が臭くなるんじゃないかとか
汚れが取れないんじゃないかとか
脂でベトベトになるんじゃないかとか
始める前は抵抗を感じるのが普通だと思いますが
私の場合はそばに先駆者がいたので
意外と容易く受け入れることができました。

実際にやってみると、べたつきも匂いもほとんど気にならず。
脂っこいものをあまり食べてないからなんだろうか。
気持ち悪くて挫折する人もいるらしいんですが。
うん、特に夏はちょっと気になりますよね笑
シャンプー使用を徐々に減らしていくことで
比較的違和感なく脱せるみたいなので
まだの人、挑戦してみてはいかがでしょうか。
ちなみにそれまで使ってたシャンプーの種類や食生活、代謝によって
ベトベト解消まで個人差があり2週間~半年かかるそうです。

<参考>
いそべクリニック
秘密の化粧品


ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
いつも応援ありがとうございます!
2009.03.28

35℃洗顔に変えてみる

私は便秘になると後4~5日は
顔や首の肌が荒れたままの状態になります憂鬱

内側から炎症が起こり黄色い汁が出て
赤みと痒みを伴うといった状態に。
見た目も皮が剥けてまるで脂漏性湿疹です。

この状態。
・排便できない分、肌から毒素=食べカス=異物が出ている
・毒素=食べカス=異物が細胞組織を破壊している
そんな気がします。
症状が軽い箇所はニキビです。

そうなると30℃洗顔では洗顔不足。
毒素はしっかりと洗い流して細胞破壊を食い止めなければファイト
そこで、

星35℃洗顔に変更。

脂性の人に適していると言われている温度です。
石鹸は細胞破壊を手伝ってしまう恐れがあるのでしばらく使用を控えます。
35℃のぬるま湯を20~30回優し~く顔にかけるだけです。

すると、早くも翌日に変化がびっくり
2日もすると黄色い汁が止まり炎症が後退していきます。

本当に毒素を洗い流して細胞破壊を食い止めているのかどうかは分かりません。
でも、何も変わらない場合こうやってお肌と相談しながら
対処の仕方を変えてみることも大切なんだと感じます。

ただ痒みは炎症が治まっても乾燥から来るので治まらず。
本当はアトピーでも乾燥肌でも敏感肌でもなく脂性肌か混合肌で
ケアの仕方が間違っているかスキンケア不足なのかなという疑いも出たりします。
保湿しないで放置しているとお肌の変化は分かりやすいけど
こんな時やっぱり外側からのケアも必要だなと感じますコスメ

ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
いつも応援ありがとうございます!
2009.03.16

シャワーヘッドを変える

shower

シャワーの勢いと塩素を含む水道水の刺激は
顔や体の傷だけでなく精神的にも響き
炎症が伴う中~最重症のアトピーの場合はかなり苦痛です><
(重症度はひとみさんのブログ アトピー性皮膚炎の定義を参考に)

シャワーの勢いは調節できても
水道水は変えることはできません。
私は自然治癒を早めるために
シャワーヘッドを塩素除去のできるシャワーヘッドに。

我が家ではこのような原水と塩素除去を切り替えられる
タイプのものを使っています。
家族は原水でも平気のようなので、私だけ塩素除去で。
もちろん、朝の洗顔もシャワーから汲み取っています。
専用カートリッジは半年に1回くらいのペースで交換しています。


星良いところ
・お湯が沁みない
・入浴後の乾燥が和らぐ
・治癒が安定する
・安心する
・入浴が楽しくなる
・髪がサラサラになる

あとは浴槽のお湯の塩素除去で完璧キラキラ

ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
いつも応援ありがとうございます!
2009.02.19

素手で優しく

綿タオル、ナイロンタオル、スポンジ、肌に優しいタオル、泡立てネット。
アトピーでありながらどれも使ってきました。
でも最終的にはこれ。

星素手で石鹸を泡立てる→泡を肌の上にのせる→すぐに洗い流す

脱石鹸で入浴後の乾燥がかなり緩和された私には
わずかながらに石鹸を使う時はこれで充分なことが分かりました。

お湯をかけるだけでも皮脂が落ちてしまい乾燥するので
もちろんタオルやスポンジでゴシゴシなんて絶対にできません。
石鹸の泡もできるだけ肌の上に長時間残さないようにしています。

その前に使っていたのはバスリリー。泡立てネットです。
bath
これで体をゴシゴシする人いるみたいですが、
くすみや色素沈着の原因になるので×ですよ~標識12(危険注意)

さてこちら、キメ細かく弾力のあるモコモコの泡が作れるので
優しく洗えるんだわ~ハートと思い(込み)ながら1週間程使っていました。

たったの1週間でやめました泣く
私の肌にはどうも合わなかったようで、まず手が傷み、
そして傷口に沁みたり入浴後痒くなったり。
キメ細かい泡で返って脱脂力が増すのか
はたまた毛穴に石鹸カスが残りやすくなるのか
どんどん不快になっていったのでやめました。
あとで気がついたのですが、
バスリリーにカビが繁殖する可能性もあるのでやめて正解です。
コロンとした形がとってもかわいいので
今はお部屋に飾っています笑

とまあ何事も実践あるのみ。
経験してみて分かること、たくさんあっていい勉強になります。

ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
2008.12.31

石鹸選び

基本的に脱石鹸派ですが
汚れやすい部分には石鹸を使用しています。
使いすぎない程度に。

肌に優しいと謡っている石鹸はたくさんありますが、
まず一般的にボディーソープと言われている液状タイプのものは
液状に保つための成分が合わなかったりするので
肌への負担を最小限に抑えるためだけでなく
メンタル的に不安要素を取り除くためにも使用を控えています。

そのため私が選ぶものは石けん素地中心の無添加の固形石鹸です。

星石鹸選びの際に重視しているポイント
・自分の肌に合う原料を使ったものを選ぶ
・傷に沁みない
・比較的、脱脂力が弱い
有害な成分を避ける(ノンケミ)
・アトピー肌に良いとか肌に優しいとかという情報に振り回されない
という点です。

石鹸は脱脂力があるので肌の刺激になるもの。
優しいと言われているものでも
自分の肌に合わないことがあります。

私の場合は配合されることが多いオリーブオイルが
合わず痒みを引き起こしてしまいます。

悪化を恐れているだけじゃ何も始まらないので
初めて使うものはいつも
アトピーが悪くなる可能性があるのを覚悟の上で
より肌に合う石鹸を求めて色々と試しています。

石鹸について詳しいことが知りたい方は
石けん百科を参考にしてみると良いと思います。
石鹸はその中でリンクされている石けん百貨でも手に入ります。



アレッポの石鹸 オリーブオイルソープ
私はこれでオリーブオイルが自分の肌に合わないと確信。
脱脂力が少し強いのと痒みが激しくなるので使えません。
石鹸選びの参考にもなるこちらのサイトにも詳しいことが。




牛乳石鹸
カウブランド 無添加せっけん



シャボン玉石けん 浴用石けん
(原料:牛脂、パーム核脂肪酸、米ぬか脂肪酸、パーム油)
少し傷に沁みました。



シャボン玉石けん 純植物性浴用石けん
(原料:パーム油、ヤシ油)




太陽油脂
パックスナチュロン マルセイユ石けん無香料
(原料:オリーブ油・ココナッツ油・パーム油)




ナイアード
ガスール粉末 (モロッコの粘土)
脱シャン時に、余分な脂分を落とすために使用。



ねば塾 白雪の詩
(原料:パーム油、パーム核油)
傷には沁みませんが弾力のあるキメの細かい泡が作れるので
洗浄力を求める人向きかも。
使用後の乾燥が少し気になりました。




ねば塾
 手作りせっけん
(原料:廃食油、パーム油)




ねば塾
 なるせのせおと
(原料:パーム油、パーム核油)




ペリカン石鹸
完全無添加ソープ


 
マックス 無添加生せっけん
(原料:パーム油、ヤシ油)
傷に沁みず泡切れも良く比較的乾燥が
気にならないのでベース使用しています。



松山油脂 M mark 無添加せっけん
(原料:牛脂、ヤシ油)




ミヨシ石鹸
無添加洗顔せっけん




ミヨシ石鹸
無添加白いせっけん


今はマックス 無添加生せっけんに落ち着いています。
まだ他にも安心して使えそうなものが色々ありますね。

自分に合う素材で石鹸を手作りするのが
一番なのかもしれませんが
手作りする時間的精神的余裕がなく
かえってストレスになってしまうので
しばらくは市販品で実験を続けてみます顔


ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
2008.12.27

脱石鹸

【更新】

手洗い時の石鹸使用、入浴剤の使用をやめました。

-----------------------------------

以前は毎日石鹸を使っていましたが
脱ステと同時に脱石鹸しました。

星洗い過ぎない

厳密に言えば汚れやすいところだけ無添加の石鹸を使用しています。
全体的には何で身体を洗っているのかというとこちら。

北海道二股ラジウム温泉 湯の華です。
これをどうやって?
入浴剤に助けてもらうという記事で紹介したままです。
これは弱アルカリ性。
つまり、洗浄作用を利用して

星自分を浸け置き洗いする

変?
いえいえ、これでびっくりするくらい痒みが激減したので
私にとっては大当たりでした。

この方法に変えてから
以前と今の入浴後の肌の違いに
今までどれだけ洗い過ぎて
皮脂を落としすぎていたかがとても良く分かります。

それに石鹸はどうしても石鹸カスが肌に残るので
それが痒みの原因の1つになっている可能性も。

無添加石鹸は肌に優しいというキャッチフレーズや
雑菌の繁殖を防がないといけないとかいうウワサに
惑わされていたような気がします。

「肌に優しい」のは「私の肌にとって優しい」なのか
汚れと一緒に皮脂を落としすぎて私の肌を傷めているということに
早く気付いていればもっと早く改善していたかもしれません。


<参考>
いそべクリニック
アトピー解決篇
秘密の化粧品

ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
2008.12.10

入浴剤に助けてもらう

私の愛して止まない入浴剤が

いつのまにか
湯の華1
から
湯の華2
にパッケージがリニューアルされていました。

効能・使用法・成分表示はボトルの方に付けてほしかったな・・・。
まあ袋のオレンジの色合いとイラストがかわいいから許してあげましょう。

これは北海道の二股ラジウム温泉、湯の華温泉
天然入浴剤です。

てんねん。

この響き大好きですアップロードファイル

"湯の花"といえば"硫黄"が思い浮かびますが
ここのは硫黄泉ではないので
硫黄の刺激や気になる臭いはありません。

脱ステ時にケアしてくれていた薬局の方からすすめられたのがきっかけで
ボロボロの脱ステ初期からずっと使い続けています。

これで20分程の半身浴を行います。
表示されている用法よりも少し少なめに入れる方が
刺激が少なくて良いかもしれません。

炭酸カルシウム(弱アルカリ性)の作用なのか
最初の頃は皮膚の薄いところが入浴中はピリピリしたり
お風呂上りはパリパリしたりして気持ち悪いくらい脱皮しましたが
使い続けていくうちに痒みも減り徐々にキレイに
アトピーが出ていないところはスベスベになっていきました。

体の温もりも持続するので冷え性にもよく効いています。

私の肌に合う入浴剤がほかに見当たらないのと特徴や効果を見れば
コスパも私にとっては素晴らしすぎて手放せません。

薬局の方によると手持ちのクリームに少量混ぜてパックすると
お肌がスベスベになるんだとか。

ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
2008.12.07

お風呂の入り方

お風呂の入り方お風呂

星炎症が軽い/少ない時、調子が良い時
  20分程の半身浴を行う
  (効率良く回復力が増します。長時間入ると私は疲れるので20分)

星病状が良くない時、気分が乗らない時
  10分程のシャワーで済ます
  (病状が良くない時は回復力を上げることよりも
  刺激を与える時間を少なくすることを優先して
  痒くなる前にお風呂場から出ちゃいます。)

私にはこの入り方が一番合っています。
最近は症状が落ち着いてきているので毎日半身浴を行っています。
お湯対策水分補給は欠かしません。

お風呂に浸かっても良いかどうか。
以前の私はそれがものすごく気になっていて
病院ジプシー中にその答えを探し求めて
初めてのお医者さんに診てもらうたびに質問していました病院

結局、半々に意見が分かれ決定的な答えは得られませんでしたが
その後入院中にふと思い出して主治医さんに聞いてみると、

「浸かっても浸からなくても。好きな方でいいですよ。」

とのこと。

なんだかほっとしましたー泣く

同時に目からウロコ。。。でもあり
執着していた自分が恥ずかしくもありました。

お風呂に浸からないよりも浸かった方が体も温まり回復力も増しますので
どちらがいいかといえば浸かった方が良いとは思います。

一方お風呂に浸かることがかえってストレスや刺激になって
浸からない方が良いという場合もあると思います。

つまり、どちらかじゃないとダメ というのはありません。

どっちにしてもお肌は自然と回復しますムキッ

実際に入院中は入浴の制限時間がありましたのでお風呂には浸からず
4週間で浸出液の出るテカテカな肌から赤みのひいた肌に変わりました。
中にはシャワーすら浴びずに回復した患者さんもいましたので驚きました。

もちろんそれだけがお肌の回復につながるわけではありませんが
それを見る限りお風呂に浸かるか浸からないかは
自分のお肌と相談しながら自分の体調や嗜好に合わせて
判断して良いんじゃないかと思いました。

風邪をひいたらお風呂に入らないとか頭を洗わないとかいう人もいるように。

自分のお肌の変化を本当に知っているのはお医者さんではなく自分ですものね。

お風呂は快適に入りましょう!

ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。